スポーツ・運動

ダイエット・減量期にやったこと 運動編



6ヶ月で-18kgの減量をした経験を元に、当時 実際にどんなことをしたのか「生の声」をお届けします。

減量後、よく人に言われること。

①どうやって痩せたの?

②ストイックですね。

③本当は病気なんでしょ?

ダイエットに興味がありつつも懐疑的なようで、突っ込んだことをいう人はほとんどいません。

ところが…

高血圧など、本当に減量が必要だと考えている方は、

「ジムに通った方がいいか?」  

「どんな物を食べればいいか?」

「まず何をしたらいいか?」

などなど、前のめりで 具体的な質問をしてきます。

こういう方にはこちらも本気でお答えしています。

こういったやり取りをしていく中で感じたこと。

ダイエットというと、まず「運動」と考える人が多いこと。

話をする中で、「ジム」「筋トレ」「ウォーキング」「ランニング」などなど、運動に関連するキーワードがよく出てきます。

ということで、少し話が逸れましたが、今日は運動について 当時実践していたことをお伝えします。

■筋トレは必要か?


減量期は特に筋トレ等の運動はしていませんでした。

理由は「筋トレ=ジム」という固定観念が自分の中にあり、「やり始めたら 一生 鍛え続けなければいけないの?」という極端な思い込みがあったからです。

その代わりに、意識してやったことは、エレベーターやエスカレーターをなるべく使わず、階段を使うこと。

今 思うことは、ランニングを始めたり、ジムに入会したりしなくてよかったとつくづく感じます。

マッチョを目指すなら筋トレは必要ですが、そうでなければ普段の生活に少し変化をつけるだけでいいということがわかりました。

理屈もわからず、とりあえずランニングや筋トレを始めることは、ダイエット失敗の原因になります。

■ウォーキング



通勤を利用して片道30分のウォーキングをしていた時期があります。

ところが、蕁麻疹(じんましん)を発症し断念。

血行が良くなり、体温が上がった時、そして 帰宅してホッと気が緩んだ時に症状がでました。

皮膚科の先生曰く、お酒・運動・風呂・鍋料理など、血行が良くなることはNGというアドバイスをいただき、運動も控えることにしました。


減量後は、運動しても発症しなくなりました。不思議ですね。薬も飲んでいません。
理由をご存知の方いらっしゃいましたら コメントください。

■ランニング


ダイエット・減量といえばこれ。ランニング。

ですが、体重が100kg近くある40代のおっさんが、続くわけありません。

そんなことが続く人であれば、そもそも太りません。

明日から1時間 早起きして、走るぞ!

そのために、帰りにスポーツ屋に寄って シューズ買って帰ろ~♪

想像した段階で諦めました…

■自転車/サイクリング

結局これに落ち着きました。

通勤に片道15分程度。

市内であれば、ほとんど自転車で移動してしまいます。

普段、車では行かないようなところも、自転車なら気軽に行けちゃいます。

一番の発見は、自転車の移動圏内で、ほとんどのことが用が足りてしまうこと。

週末は、自転車に乗って カフェのモーニングをいただくことが習慣になりました。

ダイエットや減量というと、まずは運動と思いがちです。

筋トレやランニングをすることは否定しません。

むしろ、好きであれば積極的に取り組むべきです。

自身の実践から、ダイエットや減量に必要なのは、運動だけではないということがわかりました。

無理せず、少しずつ、習慣を変えていきましょう!

PAGE TOP