ダイエット

糖質制限に向けた具体的な4ステップ


①砂糖の摂取をやめよう

②夕飯の炭水化物をやめよう

③炭水化物を一日一食にしよう

④炭水化物をできるだけ摂取しない!

急に糖質(炭水化物や糖分)を摂取しない状態にもっていくには、相当の気力が必要です。

まずはこの4ステップを一週間ずつ段階を上げて、身体を慣らしていきましょう。

急に炭水化物の摂取を断ち切ることはダイエットの失敗や、一時的に痩せても結果としてリバウンドにつながります。

体調に合わせて少しずつ少しずつ 習慣を変えていくように心がけてください。


①砂糖の摂取をやめよう

清涼飲料水や缶コーヒー、アメやチョコレートなどの菓子類といった、甘い味のするものを控える段階です。

炭酸飲料をお茶類に替える、コーヒーはブラックにする、菓子類はあたりめやナッツ類などにする。

甘みを制限することに慣れましょう。


②夕飯の炭水化物をやめよう

睡眠時は代謝が落ち、どちらかというと栄養素が体内に蓄えられる時間です。

肉や魚に比べ、炭水化物は消化に時間が掛かります。

睡眠中でも内臓が働いている状態になりますので、内臓が疲れてしまいます。

夕飯は極力 血糖値が上がりにくい、肉や魚、大豆類で済ませましょう。


③炭水化物を一日一食にしよう

夕飯に加え、朝または昼の炭水化物を控えるようにしましょう。

おすすめはランチの持参です。

ゆで卵(作り置きしておく)、チーズ、豆腐(充填タイプ)、サラダチキン、バナナなどを常にストックしておき、保冷バッグなどで持ち歩きましょう。

材料費も150円~250円程度と経済的にも負担が軽くなります。


④炭水化物を極力摂取しない!

ここまでくれば、ほぼ糖質制限マスターです。

朝の目覚めも良くなり、午後の眠気もなくなっていることでしょう。

たんぱく質やビタミン・ミネラル、水分の補給は必ず行ってくださいね。

この4ステップを1か月かけて、実践していきましょう。

ダイエットは習慣です。

「甘いもの好き」は思い込みです。

まずは常識を疑ってみることを心がけましょう。

PAGE TOP